カバン修理の情報が満載!

このサイトでは、かばんの修理に関するさまざまな情報を紹介します。
たとえば、気になるブランドバッグを直す料金も紹介してます。
店舗によって値段が違うので、見積もりをとって比較検討してお店を選ぶヒントも掲載されています。
バックル部分が壊れたとき、自分で直せるかどうかも気になるところです。
実際はどうなのかぜひコラムを読んでみてください。
プライベートで使うバッグは自分で直してもいいけれど、ビジネスバッグはどうでしょうか。
また、6年間使い続けるランドセルが壊れたときの対処法も知っておくと便利です。

ブランドかばんの修理は高い?店舗による料金の違い

ブランドかばんの修理は高い?店舗による料金の違い 高いお金を出して買ったブランドかばんは、修理して長く使い続けたいものです。
自分で直そうとして失敗するとリカバリーが難しいので、店舗で直してもらうほうが安心です。
でも、修理にかかる料金は店舗によって大きな差があります。
正規の店舗に頼むと専属の職人が直してくれるし、ブランド名入りのパーツの付け替えもできます。
仕上がりはきれいですが、海外の商品なら現地に送って直してもらう場合もあり、その場合は国内の職人が直すのに比べて費用が高くなりがりです。
一方、かばんの修理専門店などに依頼すると、ブランドロゴ入りのパーツ素材ではなく代替品と交換するなど、正規店舗より安く直してもらえる可能性があります。
正規店舗では高額な費用がかかる複雑な直しでも、器用な職人が見た目があまり変わらないように安価で直してくれる可能性もあります。

革かばんの修理はどこに頼むのが良いのか?

革かばんの修理はどこに頼むのが良いのか? 革のかばんが壊れたとき、自分で修理するのは大抵の場合困難を極めます。
布製品であれば、まだ裁縫の心得が多少でもあれば、そして家にミシンでもあれば、あるいは自分で修理することができるかもしれませんが、布以外の補修の方法は少なくとも義務教育では教わらないものだからです。
しかし、衣服の補修と異なり、かばん製品の修理はどこに持ち込めば良いのか、迷う人も多いでしょう。
答えはずばり、靴の直し屋さんです。
ソールを交換したり、壊れたヒールを好感してくれたり、靴みがきをしてくれるような街の靴の直し屋さんであれば、たいてい革製品の補修も扱っています。
靴でもかばんでも、使用している素材はさほど変わらないため、同じ職人さんによってどちらも扱うことができるのです。
補修の際は、仕上げとして、表面に栄養を与えたり長持ちするようにクリームを塗ってくれることがほとんどです。
これが意外と見落とされがちですが、皮革製品加工された後も生きているので、クリームやオイルによって栄養分を補給することが極めて重要です。
靴の手入れにはこだわるという人も、かばんは買った後ずっと放置している、という人も少なくないので、オプション料金を支払ってでも、お店でちゃんとした手入れをお願いすると良いでしょう。

カバン修理に関するお役立ち情報

カバン 修理